注文住宅のキッチンデザインのポイントを知っておこう


理想にこだわりすぎないこと

注文住宅を建てるためには、各部屋の間取りを決めなければなりませんが、中でも頭を悩ませることが多いのが、キッチンの形状をどのようにするかという点です。テレビに出てくるようなおしゃれなキッチンをイメージして、アイランド型やコの字型の形状を希望する施主の方は少なくありませんが、実際にはそういった形状を実現するためには、かなり広いスペースをキッチンに割く必要があります。そのため、家の大きさによっては、必ずしも現実的ではなく、やむを得ずI字型やL字型のキッチンにするというケースが多く見受けられるのです。そのように間取りの時点で妥協してしまうと、せっかくの家造りがストレスのあるものになってしまいますので、なるべくそうならないようにするためには、はじめから必要以上に理想にこだわりすぎるのはやめておいた方が良いでしょう。

住宅設備にこだわろう

使いやすいキッチンにするためには、キッチンの形状だけでなく、どういった住宅設備を導入するかもポイントになります。例えば、ガスコンロにするかIHキッチンヒーターにするかによっても、調理の仕方は大きく変わってくるでしょう。また、少しでも便利になるように、キッチンにオーブンを導入したり、食器洗い乾燥機を設置するというのも一案です。こだわりすぎると予算が膨れ上がってしまいますが、ある程度上限に余裕があるのであれば、少しでもキッチンを使いやすくするために、どういった住宅設備が必要になるのかを検討してみるのがおすすめです。

住宅会社と打ち合わせをしながら作っていく注文住宅なら、自分がこだわりたい所にとことん力を入れられます。