土地探しをする方法は何がある?探し方の基本を知っておこう


土地探しで簡単なのはポータルサイトを使う方法

土地探しをするときに最も簡単な方法としてよく選ばれているのはポータルサイトでの検索です。不動産ポータルサイトを利用すると売買や賃貸のために売りに出されている物件を幅広く探せます。不動産会社が流通させたい物件をポータルサイトに登録しているからです。不動産会社は土地を売りたい人からの依頼を受けて、買いたいと言う人を探しています。オンラインマーケティングの簡便な方法として用いられているのがポータルサイトです。エリアや面積、価格などの条件を定めて検索するだけで簡単に候補を見つけられるのがポータルサイトを利用するメリットです。特に準備も必要がなく、24時間いつでも探せることから便利なサービスでしょう。

レアな物件は不動産会社に相談して探そう

ポータルサイトを利用する土地探しではなかなか良い物件に出会えない場合もあります。不動産会社がポータルサイトを利用して物件を流通させるときには枠が決まっていることが多いからです。何件まではいくらという形で金額が決まっているため、抱えている物件の数が多くなると全て登録できるわけではありません。漏れている物件は不動産会社に直接連絡してみないと紹介してもらえません。そのため、ポータルサイトでは見つからないレアな物件は不動産会社に相談して探すことが必要です。ポータルサイトで見つけた土地を買う場合にも、仲介をしている不動産会社に相談することになります。候補が見つかったらすぐに連絡をして、レアな物件の紹介も受けてより良い土地を選びましょう。

土地探しをする際は、値段やその地域の環境だけを見るのではなく、建築制限を決める「建べい率」を知ることも忘れてはいけません。