快適な暮らしを楽しむ!注文住宅の理想的な設計


湿気対策を考えた住宅を目指す

いつまでも快適な暮らしを楽しめるような、理想的なマイホームを建築したくて注文住宅の設計を考えている方々は、湿気対策が万全な住宅を目指してください。湿気対策が不十分だと建築してから10年も経たないうちに、住宅の一部にカビが発生してしまい、家族の誰かがカビアレルギーを発症する可能性もあります。最初に意識したいのが浴室の風通しを良くする事で、湿気が残りやすい浴室はカビが発生しやすいだけでなく、湯気が他の部屋に流れ込むと浴室以外にもカビが発生する事になりかねません。注文住宅なら浴室換気扇を最初から取り付けられますし、窓の配置も自由に選べるため空気の流れを調整するのも簡単で、カビ対策を意識したマイホームを建築する事にも苦労しません。

収納スペースを確保する方法

注文住宅を建築するために土地を購入したけれど、土地が狭いので収納スペースを十分に確保できるか心配になっている方々は、上下のスペースを活用してください。住宅を縦に長くするだけでも上下のスペースを活かしやすくなり、ロフトの一部を収納スペースとして活用する事も可能です。ロフトは子供部屋や寝室代わりとして使う事もできて、通気性でも優れているために衣類を収納する場所としても適しています。小さなウォークインクローゼットとしてロフトを使うのもおすすめで、季節物の衣類を取り出すための空間としてロフトは便利です。キッチンの収納スペースを広くしたいのなら、床下収納をいくつも取り付けるだけでも調味料などを保管するスペースを確保できます。

名古屋の注文住宅は、愛知県の西部地域で施工された注文タイプの住宅です。建売住宅と異なり、住人の個別ニーズに柔軟な対応が可能です。