理想の住環境を注文住宅で実現するためには?


自分のイメージを具現化出来るのが注文住宅の魅力

注文住宅は、細部に亘ってまで拘ることが可能です。間取りや住宅設備だけでは無く、外壁の素材や色合いに至るまで、自分好みに仕上げられるのです。注文住宅を施工するメーカーでは、事前に受けることが出来るカウンセリングを開催しています。殆どの住宅メーカーでは、無料で受けることが可能です。週末などの空いた時間を活用して、家族で訪ねてみるのが良いでしょう。設計イメージを固めていく際には、家族の生活動線を意識する必要があります。家事をスムーズに行える家事動線や、朝の出勤時に出かけやすい出勤動線など、毎日の暮らしのなかで起こり得る動線を考えていくことが大切です。

注文住宅を建てる際に気をつける事項

注文住宅を建てる際には、幾つか注意するべき事項があります。住宅のような高額物件を購入する際には、金融機関のローンを活用するケースが多いものでしょう。注文住宅の場合には、購入代金の決済時期が複数回に亘ります。分譲住宅と同じように考えていては、資金計画に問題が生じていくのです。金融機関では、注文住宅向けの金融商品を案内しています。分割して融資を行ったり、つなぎで資金を貸し付けるなど、複数回に亘る決済への対応を行っているのです。施工を進める際には、どの程度の工期が掛かっていくかを意識しておきましょう。複雑な施工を行ってしまうと、想定外に工期が掛かってしまう可能性があるからです。着工から完成に至るまでの期間が長くなってしまうと、転居に関するスケジュールに狂いが生じます。予算と施工内容について、事前に家族で話し合っておくことが大切です。

千葉の注文住宅は大きく変化してきています。地方では大手や中小の住宅メーカーがよく選ばれるようになり、工務店の利用が減ってきているのが現状です。