マイホームは一生の買い物!納得できる注文住宅の建て方を学ぼう!


注文住宅の種類について

すでに完成している物件を選ぶ建売住宅とは異なり、建て主が希望するデザインに仕上がるのが注文住宅のイメージです。そのような物件もありますが、ひと口に注文住宅と言ってもその種類は様々です。設計から建材選び、工法に至るまですべての事柄を建て主が決めるフルオーダー式の他、いくつかのパターンを選択して組み合わせるセミオーダー式、セミオーダー式の中でも特にデザインや建材の品質にこだわった企画式が主な種類です。費用や施工期間、自由度などがそれぞれ異なるので、建て主の希望と合致するものを選ぶことで満足できる結果を得られるでしょう。

施工業者を選ぶ際の注意点

注文住宅は建て主の希望通りのデザインになるのが魅力ですが、必ずしもすべての物件が建て主の思い通りに仕上がるとは限りません。建て主によっては建築の知識や法律に乏しく、そのままの形で建てると後で大きなトラブルに発展するおそれがあるためです。そのため、施工業者は建て主の希望に沿いつつ、現実的な方法で対処する必要があります。安全性を重視し、法律に抵触しないように建てるのが施工業者の務めと言えるでしょう。注文住宅を建てる際は建て主の意見を尊重しつつ、安全性や法律上の問題からできないことはできないと提示する業者を選ぶことが重要になります。どんなことでも安請け合いするような業者はトラブルに見舞われるリスクがあるので避けます。

また、実績が豊富なことも重要な選択肢です。様々な工法を熟知し、建材の扱いにも長けている業者なら安心して任せることができます。

埼玉の注文住宅ではデザイン性の高さが重視されているのが特色で、豊かな生活基盤ができている家庭が多いのがこのような状況を生み出しています。