注文住宅で動線を計算した間取りとは?アイデアを紹介!


なぜ日頃の動線を計算した間取りが重要なのか?

素人の方が注文住宅を検討すると、どうしてもデザインや設備などに注目しがちです。しかしまず考えなければならないのは、使い勝手に優れた間取りにすること。この視点を忘れると、完成後になってはじめて日常生活での不便さに気づいて、悔しい思いをすることにもなりかねません。ただし一口に使い勝手といっても、家族の人数や構成そしてライフスタイル等によって、各家庭で幅広く異なります。そこで自分の家族の状況やニーズをよく把握し、その上で日頃の動線を計算した間取りにすることが肝心です。

家事を重視した間取りとは?

主婦(主夫)にとっては、日頃の家事の負担はできるだけ少なくしたいものです。それならばキッチンから洗面所さらにバスルームやトイレまでも、1つの直線上に配置した間取りがおすすめです。これならばキッチンで調理をしながら、洗面所で色々な準備をしたり、バスルームの掃除をすると同時に、トイレの掃除も可能です。各部屋との移動距離が少ないので、身体への負担を減らしつつ、スムーズかつスピーディーな家事の処理を実現できるでしょう。

キッチンの動線が使い勝手を左右する

食事や洗いを毎日欠かさずに行っている家庭であれば、必然的に家事もキッチンが中心になることでしょう。そうなればキッチンでの動線が、使い勝手のよい間取りを計算するカギになります。例えば忙しい時間帯などは、調理してから直ぐに食事を配膳し、さらに洗いも済ませたいはず。それならばキッチンカウンターのある間取りがおすすめです。これは全ての動線が目の前のカウンターで完結するのがポイント。調理したものを直ぐ目の前のカウンターに配膳し、食事後の食器も目の前で受け取って速やかに洗いに取りかかれます。

神奈川の注文住宅ではデザイナーに設計してもらえます。多数の候補がいるのでセンスに合う住宅を建てられるでしょう。