北海道ならでは!?賃貸物件を探す時に注意すべきポイント


北海道といえば…寒さ!

日本最北端に位置する北海道は冬場の冷え込みも格が違います。本州ではエアコンがあれば問題なく過ごせることが多いので、初めて北海道で物件探しをする人はあまり気にしないかもしれません。しかし住んでから後悔しても遅いのです。北海道の冬を乗り切るためには、エアコン以外の暖房設備が必要不可欠です。エアコンがあるから安心、ではありません。北海道に住むからには肝に銘じておきましょう!

エアコン以外の暖房設備って?

北海道の冬を乗り切るための暖房設備は様々です。床暖房やヒーターが取り付けられている物件や、最新型の電気ストーブが備え付けられている物件もあります。新しい物件ほどこうした設備が整ってきている部屋が多いのですが、その分競争率も高くなる傾向があります。しかしここで妥協すれば、1年の3分の1ほどを凍えて過ごすことになってしまいかねません。そこでの暮らしをしっかりと考えられた物件なら安心して暮らすことが出来ます。

お洗濯は部屋干し前提で

ベランダがない物件が多いのも北海道のお部屋探しでのポイントの一つです。ベランダがある物件もわずかながらありますが、洗濯物を干すスペースとしては冬場は戦力外です。雪が降る中で洗濯物を外に干すことはありませんよね。また、「ちょっと外の空気を吸いに出る」というのも冬場のベランダはおすすめできません。扉が凍ってしまい、開かないことが多いからです。結果的にベランダがなく、部屋干し前提のお部屋が増えているのです。部屋干し用のフックなどがついている物件なら、洗濯物も簡単に部屋干しできるのでおすすめです。

北見の賃貸では石北本線の北見駅エリアが人気があります。駅の近くには病院やスーパーがあり、北見中央ICもあるので交通の便も良い場所です。