メリットとデメリットを知ることが重要!賃貸オフィスのメリットとデメリット


初期投資の費用が少ない

家を買うときには大きなお金が必要ですが、家を借りるだけであれば買うよりも必要な資金が少ないですよね。それと同じようにオフィスも買う場合は初期投資の費用が高くなりますが、賃貸の場合は初期投資の費用が少なくて済むというメリットがあります。初期投資の費用が少なくなれば、残った費用を別の投資に使用できます。初期投資の費用が少ないことで備品購入や広告宣伝費への投資に資金をつぎ込めるというメリットも得られます。

賃貸オフィスはレンタルオフィスとは違うので、レイアウトを自由に変更できるというメリットもあります。自社のイメージに合うレイアウトに変更できるので、オリジナリティーのある自社オフィスを作ることができるでしょう。賃貸オフィスの場合は会社の成長に応じた移転や拡張がスムーズに行えるという利点もあります。

ずっと家賃の支払いが続く

賃貸オフィスの場合は、その場所で事業を続けている間はずっと家賃の支払いに追われることになります。自社の業績が悪くなった場合でも変わらず同じ金額を支払い続けなければならないのがデメリットでしょう。物価の上昇が起きれば家賃の金額が高くなるケースも考えられます。これらのデメリットを解消するには、持ち主との交渉が重要になります。経営悪化で家賃の支払いが苦しくなった場合や物価の上昇による値上げをやめてほしい場合は、持ち主との交渉を行いましょう。交渉が上手くいけば賃料の値下げを行ってもらえる可能性も考えられます。賃貸オフィスは自社の資産ではないので、お金を借りるときに担保として利用できないというデメリットもあります。

中央区で賃貸オフィスを探す際には駅近物件から見るのが賢明です。誰もが利用しやすいことから従業員が納得します。